アパート経営の初期費用はローンを活用

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アパート経営は、副業として人気のある不動産投資です。アパートを経営するというのは、自分が所有している土地の上にアパートを建てて、そのオーナーとなって部屋を貸し出して、そこから得られる家賃収入で利益を出していくということです。アパートを経営するとき、アパート全室に対してどれだけ借り手がつくかという入居率がカギになります。そのため、アパートをどのような地区に建てるかは大きな課題となります。近所に移動に便利なターミナル駅があったり買い物に便利な商店街があれば人気物件になるため入居率も高くなるからです。逆に、静かで緑の多い住みやすそうな場所でも、交通の便が悪かったり買い物に行くのに時間のかかる場所なら、そこで部屋を借りたいという人は少なくなります。

リスクが少なく安心して取り組める上にメリットも

アパートを経営していく上でのメリットには、景気に左右されにくいということがあります。株への投資のようなリスクが少ないので、サラリーマンのようにほかに仕事を持っている人も安心して取り組むことができるのです。ただし、土地は所有していても、アパートを建てるにはそれなりに初期費用がかかります。つまりアパートの建築費用です。この建築費用については、大手の不動産会社などがプランを提示していて、30年ほどの建築ローンで賄うことができます。要するに、部屋を貸し出して毎月家賃収入を得ながら、一方で建築ローンを支払っていくというものです。しかし、ローン返済後は無担保の土地が手に入るので、メリットと捉えることができます。土地をただ所有していても、毎年高い固定資産税を払っていかなければならないので、税金対策にもなります。

アパート経営では長期的展望も必要

アパートの経営をはじめるときは、建築ローンを組んでアパートを建てるのが一般的ですが、ローンには団体信用生命保険も組み込まれているので、自分自身に万が一のことがあっても、ローンの残金は生命保険によって残された人へ支払われる仕組みになっています。そのため、残された家族などは安心してアパート経営を続けていくことができます。借金のないアパートを引き継ぐことができ、そこからの毎月の家賃収入も得ることができるのです。アパートを経営する上では、利益を大きく左右する入居率は気になりますが、数十年の家賃保証などの条件を提示してくれる不動産業者もあるので、最初の業者選びは慎重にするようにしなければなりません。初期費用も含めて、長期的な運営を考えていく必要があるのです。

ピックアップ記事

アパート経営には必ず維持費というものが必要です

アパート経営を行う方ならば、イニシャルコストとして物件を建てる費用が掛かりますが、実際に支払を問題なく行うことができる場合でも、運営上では必ず別に維持費というものが掛かってきます。初回に必要とする経費...

アパート経営の初期費用はローンを活用

アパート経営は、副業として人気のある不動産投資です。アパートを経営するというのは、自分が所有している土地の上にアパートを建てて、そのオーナーとなって部屋を貸し出して、そこから得られる家賃収入で利益を出...

アパート経営で確保したい利回り

老後の年金というものは当てにしていいものか分かりません。長寿は喜ばしい事ではありますが、経済面で見ると大きな負担でもあり、自分の年金の事を考えてみると少し複雑な気分になります。自分の老後の年金の事を考...


ポイント