どう始める?アパート経営

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社員としての給料だけではなく、毎月の収入を少しでも増やしたいと考えている方もいるでしょう。そのような場合には、アパート経営を始めるのも1つの手です。ここでポイントになるのが、実際にアパートを経営することにはどのようなメリットが存在しているのかという点です。デメリットばかりに注目する方もいますが、メリットがわからなければ経営を始めようと考えることにもつながりません。メリットとデメリットの両方を考慮したうえで、自分が経営を始めるかどうか考えていくようにしましょう。迷ったとき大切なのが、情報を集めることです。特にデメリットの部分は、情報収集を行って対策を行うことで少ないリスクでアパートを経営することにもつながります。情報を集めたうえで、より良い形で始められるようにしましょう。

毎月の安定収入にもなるアパートの経営

アパート経営を始めることにおける最大のメリットが、収入を増やすことができるという点です。普段の会社からの給料だけだと、生活が苦しいと考えている方も多くいるでしょう。そのような方でも、アパートの家賃が毎月収入にプラスされることで今よりも生活に余裕を作ることが可能です。
実際に生活に余裕ができると言われても、アパートを購入するための費用がかかるのでお金はたまらないと考える方もいるかもしれません。確かにアパートを購入するためにはお金がかかりますが、ローンを組んで買うことが可能です。そしてローンの返済代は家賃収入から賄うこともできるため、経営が上手くいけば収入がマイナスになることはありません。もちろん安定した家賃収入を得るためには、条件の良いアパートを選ぶことが大切です。

資産を作ることや生命保険にもなる!?

アパートを購入するということは、資産を残すことにもつながります。ローンの返済が終わっているのであれば、アパートの土地は自分の財産にもなるのです。もちろんアパートの場所によっては、資産価値は期待できません。実際に経営を始めるのであれば、どのような場所にある物件を購入するかもポイントの1つです。駅前など条件の良い場所を選ぶことも忘れないようにしましょう。
また生命保険に加入している方であれば、自分が亡くなった後は保険料からローンの残高を賄うことができます。ローンの残高の支払いが終われば、残ったアパートは家族に残すことが可能です。そのため家族はローンの支払いをする必要もなく、アパートの収入が得られるようになります。このように家族に残せるものという点について考えることも必要です。

ピックアップ記事

アパート経営には必ず維持費というものが必要です

アパート経営を行う方ならば、イニシャルコストとして物件を建てる費用が掛かりますが、実際に支払を問題なく行うことができる場合でも、運営上では必ず別に維持費というものが掛かってきます。初回に必要とする経費...

アパート経営の初期費用はローンを活用

アパート経営は、副業として人気のある不動産投資です。アパートを経営するというのは、自分が所有している土地の上にアパートを建てて、そのオーナーとなって部屋を貸し出して、そこから得られる家賃収入で利益を出...

アパート経営で確保したい利回り

老後の年金というものは当てにしていいものか分かりません。長寿は喜ばしい事ではありますが、経済面で見ると大きな負担でもあり、自分の年金の事を考えてみると少し複雑な気分になります。自分の老後の年金の事を考...