わかりやすいマンションの管理に関するサービス解説

分譲マンションの管理の主役は、管理組合ですが、管理に関わる業務は管理会社に一括して依頼するマンションがほとんどです。それでは、管理会社に委託するとさまざまなサービスを受けることが出来ます。管理会社とは、マンションの管理に関わる業務を引き受ける会社です。マンション管理は、労働集約型のサービスで、それほど大規模な設備が必要な訳ではありません。管理会社が行う業務は、管理費の出納や管理員の派遣に建物の清掃、設備点検や検査です。このような業務のほとんどが建物や設備の共用部分、または管理組合の運営のことになります。専有部分である各住戸の室内は従来、基本的に管理業務の対象外でした。しかし、近年新しいサービスで専有部分の電球取り替えなどの生活サポートを有償で手掛ける管理会社も出始めています。独り暮らしの入居者が多いマンションなどはこのようなサービスが付いた管理会社がお勧めです。

生活サポートサービスが付いたマンション管理もあります

分譲マンションの管理は、各住戸の所有者で構成する管理組合が行います。実際の管理に関わる業務は、管理会社に一括して任せてしまうマンションがほとんどになります。ここでは、上手な管理会社選びのし方につい解説します。管理会社は、マンションの中で起こるいろいろな問題を解決に導くだけでなく、設備や法務、そして財務面から管理組合の運営と資産価値の維持に努め、マンションの住民の、安全で安心な住まいのサポート行います。管理会社を選ぶ時には、マンションの受付対応や巡回設備の点検に24時間緊急対応などのサービスを行っている管理会社がいいです。また、同じ管理会社の中でも管理員のレベルにはずいぶん差があります。管理組合がきちんと管理会社のチェックをし、厳しくものを言うマンションにはレベルの高い管理員を配置するので、管理組合も任せきりにしないようにすることをお勧めします。

サービスのいいマンション管理会社の選び方をお教えします

マンションの管理サービスといえば、全部委託方式が主流になっています。そもそも、マンションの管理会社といえば新築時に売主である不動産会社がセットしていて、マンションの管理組合が選んだのではありません。管理組合の役員も1から2年の任期で次々と交替し、マンション管理に必要とされる建築や設備、そして法律、財務などの知識についても素人です。おまけに、管理会社は組合の 懐具合をすべて把握しているため、コストを含めて管理会社の言う通りになってしまうことがよくあります。信頼できる管理会社を見つけるポイントは、フロントマンとか管理人と呼ばれる業務担当者が一人でどれくらいの数のマンションを担当しているかです。というのも管理人一人当たりの担当があまりにも多いと、一つずつのマンションに時間があまり割けないからです。そんな時には管理会社の変更も検討してみてもいいかもしれません。

当社は複合再開発や大規模マンションなどへのコンサルティング・サービスを行う、不動産に精通した少数精鋭集団です。 首都圏・中京圏・九州圏をカバーしているので管理会社をお探しの方はぜひ、インターネット又はお電話でお問い合わせください。 細かい標準のもとマンション管理業界は変化を続けており、当社はその標準の実行のため、コンプライアンス委員会の中で業務監査を実施しています。 マンション管理・サービスのおすすめは株式会社ライフポート西洋